紫檀や黒檀の美しさが映える伝統的な唐木仏壇の名産地の一つである静岡は、仏具においても、唐木仏壇にふさわしい品格あふれる製品が多く、販売店でも人気となっています。その傾向に加えて、近年目立ってきているのが、マンションのリビングなど洋室にも違和感なく置けることで注目されているモダン仏壇に馴染むタイプの洋風スタイリッシュな仏具の数々です。多種多様なデザインのモダン仏壇に合わせるように、さまざまなタイプが登場しており、製品によっては、一見、おしゃれなワイングラスや、花瓶にしか見えないものもあり、従来タイプには見られなかったカラフルで華やかな色調の製品も、人気を集めています。モダンタイプの製品群によって、自宅での供養のあり方も大いに変わって来ています。

洋風のインテリア感覚に合わせたデザイン

伝統的な仏壇の人気も根強い静岡ですが、都市部を中心にモダン仏壇への注目度が急速に高まり、特に和室のないマンションや輸入住宅に住む人には、洋風インテリアのリビングに置いても違和感がないデザインのモダン仏壇が、やはり選ばれやすくなっています。そういったタイプの仏壇はチェストなどに上置きできるコンパクトな製品が多いことから、従来のような具足と呼ばれる伝統的な一式よりも数を抑えたセットになっていることが多く、デザインもキュートな印象の、小ぶりなタイプが目立っています。華やかな色合いの製品は、ウォールナットやメープルなどの洋材で作られたモダン仏壇の明るい色調ともマッチして、インテリアの美観をさらに高めるアイテムにもなっています。家族がくつろぐリビングルームで明るい存在感を漂わせます。

供養の心を日常に馴染ませるアイテム

都市部を中心に、墓じまいや自然葬といった従来の墓所にこだわらない供養のあり方が取り沙汰される中、日常生活にナチュラルに馴染ませることができるモダン仏壇や仏具は、そういったブームを受けて、さらに需要を高めている面があります。特に、海洋葬で海へ散骨したり、墓じまい後も新たな墓所への納骨でなく散骨を選んだ場合、お墓参りに行く先が無くなり、結果、自宅での供養の重要性が増してきます。静岡でも洋風のライフスタイルが定着しつつある昨今、供養の形式も、その傾向に違和感なく馴染むものに移り変わって来ています。一方で、伝統的なものを大事する若い世代も多く、唐木タイプのコンパクト仏壇も目立つようになっており、そういった製品に似合う、モダンでありながらシックな雰囲気を持つ具足セットの人気も高まっています。